浅尾美和・草野歩ペア解消のご報告

 

2012年ロンドンを目指してさらなる高みを求めてペアを結成した"浅草ペア"にとって、2010年は大きな飛躍を期したシーズンでしたが、結果として試練の連続となる一年となりました。それにもかかわらず、シーズン中はたくさんの方々から浅草ペアに多くのご声援をいただき、ありがとうございました。

浅尾・草野両選手にとっては、勝つための試行錯誤を繰り返したものの、良い結果へとつなげることができず悔しい思いをした一年であり、また応援いただきました皆様のご期待に応えることができず、不甲斐ない思いをした一年でした。

オリンピックイヤーの前年となる2011年を前にして、浅草ペアは今年の悔しさを胸に、負の流れと決別し、今年の経験を糧としてそれぞれが前向きなシーズンインを迎えるために、今季限りでペアを解消いたします。

来季のペアリング等に関しましては、決定次第皆様にご報告させていただきます。

2011年の浅尾、草野両選手の活躍にご期待いただきますとともに、今後も両選手への変わらぬご声援をよろしくお願いいたします。


株式会社エスワン
代表取締役社長 曽根 康浩


<選手コメント>

【浅尾美和】
今年は、思うような結果が出せないなか、あきらめずに応援していただいた皆さんには、本当に感謝しています。ありがとうございました。

今年は悔しい一年になりました。ビーチバレーを始めて以来、初めての『どん底』を見たシーズンでした。

でも、『どん底』に落ちてこそ見えた世界があります。

今シーズンの結果は、自分の実力不足とチームとしての力不足が招いたものです。でも、そのおかげで見えてきたものもたくさんあり、それを来シーズンに活かさなければいけないと思っています。

来シーズンは、同じ事は繰り返しません。ロンドンまで時間がないですから、立ち止まってはいられません。

シーズンが終了したという事は、また来シーズンに向けての準備が始まるという事。これからも、応援よろしくお願いします!


【草野歩】
1年間、試合会場まで足を運んで下さった方々、応援して下さった多くの方々、本当にありがとうございました。みなさんの応援が、1年間私の背中を押してくれました。

期待に応えられるような結果が出せず、本当に悔しく思っています。

振り返ってみると、自分の実力の無さに、悔しい気持ちしか湧いて来ない1年でした。自分の足りない物、足りない技術、足りない気持ち…。

でもその中で、結果が出なくて必死に何かをするという楽しみもありました。色々試して、ダメで…の繰り返しの中で、初心に戻る事が出来ました。

これは私にとって大きな収穫です。

来年は、また一からのスタートのつもりで、ただひたすら勝利の女神を追いかけますので、みなさん、変わらぬご声援を宜しくお願いします。今年とは違う草野歩を見せられるように、日々精進したいと思います。

Copyrights(c)2009 S-One Co.,Ltd All Rights Reserved. Powered by MAXART Inc.
このサイトで使用されているすべての写真・文章・画像の無断転載使用を禁じます