ご報告!


浅尾美和が、JBVツアー第6戦ビーチバレーペボニアカップ(9/29~10/2、東京都港区お台場海浜公園)に楠原千秋選手(ユナイテッドホールディング所属)とのペアリングで出場することが決定いたしました。

今季のJBVツアーをワイルドカード(大会推薦枠)で戦い続ける浅尾美和は、同一ペアでのワイルドカード出場が年間4大会までという規定を受け、同ツアー第6戦以降、楠原千秋選手とのペアでワイルドカード申請を行っておりましたが、この度第6戦の申請が受理され出場が決定いたしました。

楠原千秋選手は、長年にわたり日本女子ビーチバレー界のトッププレーヤーとして君臨し続け、日本代表として2004年アテネと2008年北京で2度の五輪出場を経験した選手です。昨シーズンのJBVツアー最終戦での優勝を最後に、一度は第一線から退く決意をしたものの、その後もトレーニングを続けて今季はサテライト大会などに出場。先日のサテライト岐阜大会でも優勝を飾るなど、その力は衰えを見せません。

浅尾美和は、楠原選手とのペアリングを通じて経験に裏打ちされたベテラン楠原選手の戦略に長けたプレーを吸収して、さらなる高みを目指します。

浅尾・楠原ペアの活躍にご期待いただき、今後も変わらぬご支援とご声援をよろしくお願いいたします。

株式会社エスワン
代表取締役社長 曽根 康浩


<浅尾美和コメント>

今季、JBVツアーの年間シード権を逃してしまった私は、同じペアで出場できるのが4大会までと決まっているため、楠原選手と組むことになりました。頑張ります。


<楠原千秋選手について>

□ 楠原千秋(くすはらちあき)
□ 1975年11月1日生まれ
□ 愛媛県松山市出身
□ 大分県私立扇城高校(現・東九州龍谷高校)、東京学芸大学卒業
□ 身長:175cm
□ インドアでは1997年全日本インカレで優勝しMVPを獲得。ビーチバレーでは1996年ぴあカップでの優勝を皮切りに、2度のオリンピック出場、ワールドツアーやアジア大会などでも上位入賞を果たすなど、長年にわたり日本女子ビーチバレー界のトッププレーヤーとして活躍。

Copyrights(c)2009 S-One Co.,Ltd All Rights Reserved. Powered by MAXART Inc.
このサイトで使用されているすべての写真・文章・画像の無断転載使用を禁じます